Top > Eclipse > SVNからチェックアウト

Eclipse : SVNからチェックアウト

ここからは、あなたのチームが、既に SVN を利用してプロジェクトを
管理していることを前提に話を進めます。

プロジェクトをインポートする

最初にやるべきことは、チームのメンバと同じプロジェクトを SVN から
インポートしてくることです。

Eclipseのメニューから「File → Import 」を選ぶと、以下の子画面が表示
されますので、「SVNからプロジェクトをチェックアウト」を選び、
「Next」ボタンをクリックします。

今回は、初めてなので、次の画面で「新規リポジトリー・ロケーションを生成」
を選択し、「Next」( 2回目以降は、同じリポジトリーを使えると思います。)

URL に、あなたのチームの SVN リポジトリの URL を入力し、
「Next」ボタンをクリックします。
このとき、SVNの運用状況によっては、アカウント名/パスワードを聞かれる
ことがあります。 ( 詳しくは、チームリーダーに聞いてください )

SVNのリポジトリから、チェックアウトするプロジェクトを選択し、
「Next」ボタンをクリックします。

選んだプロジェクトが、Eclipse用として登録されていれば、
Eclipseは「プロジェクトとしてワークスペースへチェックアウト」と
表示するはずです。
下記の画面は、Ganymedeの画面ダンプですが、他のEclipseでは少し
画面内容が違っていたと思います。情報量には大差ありません。

Finish ボタンをクリックして、プロジェクトのインポート完了です。

ここから先、Subversionの利用の仕方自体は、概念だけ説明します。
具体的な操作方法は、チーム内で説明があるでしょう。多分..

更新(Update) : 最新にする

とりあえず、チームのメンバは、朝出社して、Eclipseを起動したら、
プロジェクト名を右クリックして、「Team → 更新」を実行してください。

これにより、あなたがチェックアウトした後、他のメンバがソースを新しく
上書きしていたものがあれば、自動的に最新のソースがあなたのEclipseに
送信されてきます。

コミット(Commit) : 変更を反映する

新人のメンバにとって、一番緊張するのが、自分が追加、更新したソースを
プロジェクトに書き込むことです。

あなたが、書き換えたソースがあれば、Eclipseのプロジェクト表示の、
該当ソースに、下記に示すように「※」マークがついています。
この「※」マークの変更は、まだ、チームの SVN レポジトリには書き込まれて
おらず、あなたのハードディスクだけにしか存在しません。

このソースを、チームのSVNレポジトリに書き込むことを コミット( Commit )と
呼んでいます。
プロジェクト名を右クリックして、「Team → コミット」を実行してください。

このとき、どんな変更を行ったのか、コメントを記入しておきましょう。
チームによっては、コメントに何を書くかも決めているところがありますので、
チームの決まりに従ってください。

Commitするときは、「コンパイルエラーが出るものはコミットするな」という
最低限のマナーを守るようにしてください。

以上で、SVN を使って、チーム開発を行う、基礎的な操作の紹介を終わります。

追伸 : この記事を書いていて、同じ subclipse プラグインでも、2〜3ヶ月ほど
前と、ずいぶん表示内容が違うなあという印象を受けました。
基本的な表示内容や、入力項目は同じなのですが、ソフトの開発速度の速さに
驚いてしまいました。