DOMを書き出す

実際にアプリを作成すると、XMLをファイルに書き出すというシーンも多いと思います。
ここでは、Documentインスタンスをファイルに書き出す、典型的なソースを紹介します。
このソースも1回覚えてしまえば、いつも同じ方法で書き出すことができます。

ソース紹介

//step1. Transformerを準備する

Documentを保存するには、javax.xml.transform.Transformer というJDK標準クラスの
インスタンスを準備する必要があります。このブロックでは、その典型的な手順を示しています。

//step2. Transformerの動作設定

ファイルに出力する際のオプションを指定します。

  • indent: yesを設定すると、それなりに改行を入れてくれます
  • encoding: 出力ファイルの文字フォーマットを指定します(省略時はOSのデフォルト値)

//step3. Documentをファイルに書き出す

Transformer.transform メソッドで書き出しを行います。

  • 引数1: Documentオブジェクトにラッパーを被せて渡します
  • 引数2: Fileオブジェクトにラッパーを被せて渡します。