<scope>system</scope>

今回は、Maven2の使い方の中でも、緊急避難的なものを紹介します。

Maven2のセントラルリポジトリ(http://repo1.maven.org/maven2/)にないライブラリや
最新バージョンを使いたいけど、セントラルリポジトリには、まだ古いバージョンしか
アップされていない場合、自分でjarを用意して、Maven2 に認識させます。

今回は例として、sample.jar というjarファイルを自分で用意したと仮定します。

スタンドアロンアプリの場合

最初に、sample.jar の置き場所ですが、src/main の下に、lib というフォルダを作って、
src/main/lib/sample.jar として保存します。

pom.xmlの依存設定には、以下のように書きます。
なお、groupId と artifactId は、自分のローカルPC内で、他と重複しなければ、
適当に記入してかまいません。

Webアプリの場合

Webアプリの場合の、sample.jar の置き場所ですが、src/main/webapps/WEB-INF フォルダが既にあるので、
その下に、lib フォルダを作り、そこに sample.jar を格納します。
最終的には src/main/webapps/WEB-INF/lib/sample.jar となります。

pom.xmlの依存設定には、以下のように書きます。

最後に

依存するjarファイルを最初から、src フォルダに含めるのは、Maven2の思想からして
あまりお勧めではありません。しかし、最新版の jar で自分が気になるバグが直っていて、
それが、Maven2のセントラルリポジトリにない場合などは、今回の手法を使うことになります。

その場合でも、目的のバージョンがセントラルリポジトリにアップされたら、
pom.xmlの記述をセントラルリポジトリ側に切り替えてください。