Maven2でビルド

ここまでの道のりは長かったですが、ビルドはとても簡単です。
cd c:\project\mytest
mvn package

今度は、ビルド用のとライブラリをインターネットからかき集めてくるので、最初のビルドは結構時間が かかりますが、辛抱強くお待ちください。

下の図のように、「BUILD SUCCESSFULL」と表示されれば、完了です。

mvn packageって何してるの?

mvn package は、3つの作業をしています。

  1. コンパイル( mvn compile と打つと、これだけ実行します )
  2. JUnitテスト( mvn test と打つと、これだけ実行します )
  3. jarファイル作成

またもやMaven2の思想

Maven2では、ソースファイルは 「プロジェクトフォルダ\src」以下に作成して
クラスファイルなどのコンパイル結果は「プロジェクトフォルダ\target」以下に出力
という思想のようです。

ついでに言うと、「クラスファイル群は、jarで固めてしまえ」という思想でもあります。

App.classを動かしてみよう

本当にコンパイルできたか試してみましょう。
コンソールで、「cd c:\project\mytest\target」に移動して、
「java -cp mytest-1.0-SNAPSHOT.jar jp.co.hogehoge.App 」を実行します。

ちゃんとApp.javaのプログラム通り、「Hellow World!」が出力されました。

入門編 Tips

とりあえずここでまでのTipsを並べてみました。左のメニューから「入門編Tips」ご覧ください。