Maven2にプロキシを教える

Maven2は動作時にインターネットから、必要なライブラリをかき集めてきます。
このとき、会社のイントラ環境では、プロキシを設定しないといけない場合があります。
ブラウザにプロキシ設定した記憶があれば、このページの作業が必須です。
プロキシが不要な環境では、このページは飛ばしてください。

さっそく設定する

Maven2の動作設定ファイルを編集します。
場所:c:\maven-2.0.6\conf\settings.xml

この settings.xmlを開くと、下の図のように 75行目あたりからproxyの設定項目があります。
最初は XML的にコメントアウトされているので、図の赤い四角(75,76,77行目 と 88行目 )を削除します。

必要な項目を記入します
項目名 意味 設定不要なとき
id optionalのままで良いです 必須
active trueのままで良いです 必須
protocol httpのままで良いはずです 必須
username プロキシサーバに認証設定があれば、user名を入れます 行ごと削除
password プロキシサーバに認証設定があれば、パスワードを入れます 行ごと削除
host プロキシサーバのアドレスを示す(IP直打ちでも可) 必須
port プロキシサーバに接続するport( 8080の設定の場合もある) 必須
nonProxyHost プロキシサーバを使わずに接続できるドメイン 行ごと削除

プロジェクト新規作成に戻る

これで、プロジェクト新規作成に戻って作業が続けられます。