ビルド

本節では、Eclipse上で Maven2のビルドを実行する方法を説明します。

2008-05-19: ビルドの操作も、最新版では少し操作が違ってきていたので、修正します。

pom.xmlを実行する

インポートした ImportTestプロジェクトの[+]ノードを左クリックして、
プロジェクト内のファイル情報を表示します。

pom.xmlを右クリックして、「Run As」→「Maven ○○」をクリックします。

  • 通常は、「Maven package」でしょう。
  • そのプロジェクトを local repositoryに登録するには「Maven install」
  • classファイルを一旦削除するには、「Maven clean」

メニューにないゴールを指定する

例えば、コマンドラインで「mvn javadoc:javadoc」で、JavaDoc を作成することがあります。
ところが、上で紹介したGUIの操作では、どうもそれらしいコマンドがありません。
その場合は、「Maven build」を選択すると、下の画面が表示されるので、自分で goalにjavadoc:javadocと
実行したいゴールを記入してください。


ここから下は、旧情報です。今は操作方法が違っています。

pom.xmlを実行する

インポートした ImportTestプロジェクトの[+]ノードを左クリックして、
プロジェクト内のファイル情報を表示します。

次に、pom.xmlを右クリックして、「Run As」→「Maven2 build」をクリックします。

下の図の子画面で、Goals欄に「package」と記入し、「Run」ボタンを押します。

上記の操作は、「mvn package」をコンソールから実行したことに相当します。
下の図のように、Eclipseのコンソールに「BUILD SUCCESSFUL」と表示されれば
ビルド成功です。

ImportTestのディレクトリに targetディレクトリができているはずです。
見事、Eclipse上から「mvn package」を実行することができました。

もう一度「mvn package」を実行する

先ほど実行した「mvn package」をもう一度呼び出してみましょう。
下の図の様に、Eclipseの「External Tools」の実行画面を起動します。

左のメニューで「ImportTest」が選ばれていることを確認して、右下の「Run」ボタンを押します。