JRE設定

m2eclipseを使うための、次のおまじないです。
Eclipseは、mvnコマンドを実行する際に使用するJAVA_HOMEとして、Eclipseが認識している
JREを使用します。

問題点

mvnコマンドは、動作するJAVA_HOMEとして JDK を要求するのですが、Eclipseがデフォルトで
認識しているのは、JREであることがほとんどです。
→ よって、Eclipseに JAVA_HOMEとして JDK を使うように教えてやる必要が発生します。

設定画面を開く

Eclipseのメニューから「Window」→「Preference」を開いて、下の図のように設定を開きます。
左のtreeメニューから、「Installed JREs」を選択します。
どうでしょうか、認識しているのは、jre1.5.0_xxになっていませんか?

JDKを設定する

では、EclipseにJDKを使ってもらうように設定を追加しましょう。
上の画面の右側にある「Add」ボタンをマウスクリックして、下のJRE追加画面を開きます。

「JRE home directory」にJDKのディレクトリを追加します。
WindowsXPの場合は、「C:\Program Files\Java」の下に、jdk1.5.0_?? というディレクトリが
あると思いますので、一番新しそうな jdkのディレクトリを指定します。

JRE name は何でも良いのですが、最後の jdk で始まるディレクトリ名をつけておくと良いでしょう。

上の画面で、「OK」ボタンを押すと、設定画面に、下のように jdk の欄が増えます。
ここで、jdkの方にチェックをつけて設定画面を「OK」ボタンで閉じます。

お疲れ様でした。これでやっと m2eclipseを使う準備が整いました。