m2eclipse

EclipseからMaven2を利用するには、現在のところは、m2eclipseというEclipseのプラグインを
利用すると良いと思います。

m2eclipseの機能

  • Eclipse上でpom.xmlを読み込み、外部jarをビルドパスに加える
  • Eclipse上でメニュー形式で外部jarを選び、pom.xmlを自動更新する
  • Eclipse上で mvn コマンドを実行して、ビルドする

ただし、m2eclipseは、プロジェクトの新規作成に対応していないという不便さが あります。
従って、アプリ開発は以下のような流れになります。

  1. コンソールを開いて、Eclipseのワークディレクトリに移動
  2. コンソールから「mvn archetype:create ..」で新規プロジェクトを作成
  3. 作成したプロジェクトをEclipseにImportする
  4. この後は、コンソールは不要になり、Eclipseだけを使う

インストール

m2eclipseは、Eclispeのプラグインです。

アップデートサイト「http://m2eclipse.codehaus.org/」を追加して、 プラグインをインストールする。
2008-05-12 : URLが変更されていました。
アップデートサイト「http://m2eclipse.sonatype.org/update/」を追加して、 プラグインをインストールする

上記の表現で、分かる人は、この下の記事は必要ありませんので、インストールを終えてください。

アップデートサイトからのインストールが初めての方は、このまま下までお読みください。

1. Eclipseにアップデートサイトを追加

Eclipseのメニューから「Help」→「Software Updates」→「Find and Install」を選びます。

下のような選択画面が出るので、下の「Search fro new features to install」を選び
「Next」ボタンを押します。

下の子画面が開くので、「New Remote Site」ボタンを押して表示された孫画面に
以下のように Name と URLを書き込み、「OK」を押します。

  • Name : m2eclipse
  • URL : http://m2eclipse.sonatype.org/update/

2. オンラインアップデート

子画面に、以下のように「m2eclipse」というメニューが増えていると思います。
チェックマークをつけて、「Finish」ボタンを押します。

少し待つと、以下のような画面が表示されますので、チェックボックスをチェックして
「Next」ボタンを押します。

2008-05-12 : 最新版の m2eclipseでは、オプション機能に依存関係があり、そのままでは
インストールできないことがあるので、下図のように、オプションのチェックボックスは外します。

さらに、以下のように、ライセンス同意画面が表示されますので、「I accept the terms in the license agreement」
をクックして「Next」ボタンを押します。

次は、以下のように、モジュール名確認画面が出るので、「Finish」ボタンを押します。

しばらくすると、以下のような確認画面が出るので、「Install All」ボタンを押します。

Eclispeを再起動するようにメッセージが出ますので、Eclipseを再起動します。
お疲れまでした。これで m2eclipseのインストールは完了です。