Maven2 Webアプリ編

本節では、Maven2 による Webアプリの開発手法について説明します。
ちなみに開発環境は、JDK1.5 + Tomcat5.0.28 です。Tomcatを事前にご準備ください。

また、Eclipse上からのTomcatデバッグは、SysdeoTomcat プラグインを使います。
最近は、WTP が主流なのかも知れませんが、やたらとメモリやマシンパワーを食うので
管理人は、SysdeoTomcatの環境ぐらいが、機能と負荷のバランスが良いように思います。

本節での目標

  • Maven2でWebアプリのビルド環境を作る
  • Eclipse + SysdeoTomcat によるServlet開発

p.s. 本節の説明はとりあえず、Servletが動くところまでです。
本格的なWebアプリの構築には、MVCフレームワークの利用が必須と思いますが、
後日SpringMVCを紹介するつもりにしていますので、ご期待ください。

世の中は、Struts全盛の様ですが、本サイトはマニアな道というか、管理人の趣味を突き進みます。